« (仮称)西部自然公園を散策 | トップページ | 「認定NPO法人申請の段取りと準備」Zoom研修受ける »

2020年7月18日 (土)

令和2年7月臨時議会を開催

 市民生活や地域経済に深刻な影響を与えているCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)への追加対策を講じるため、令和2年7月17日、佐倉市議会臨時会が開催され、令和2年度7月佐倉市一般会計補正予算案(第5号)について上程、審議、可決しました。

【令和2年度7月佐倉市一般会計補正予算の概要】
1 歳入歳出補正
 補正後703億7813万円(+12億5184万円)
 歳入は、政府の新型コロナウィルス感染症対応地方創生臨時交付金、公立学校情報機器整備費補助金、学校臨時休業対策費補助金からで、佐倉市の貯金ともいえる財政調整基金からの繰り入れはありません。

2 歳出
 総務費3811万円、民生費2億992万円、衛生費2702万円、農林水産業費7200万円、商工費1億9683万円、土木費569万円、教育費7億225万円の増額でとなります。  具体的には、避難所における感染症拡大防止備品購入、感染症の脅威に立ち向かう保育事業等に従事する人への慰労金の支給、4/28以降に生まれた子どもに10万円支給(新生児すくすく応援給付金)、発熱外来に対応する市内医療機関への助成金の交付、里帰りが困難な妊産婦への育児サービス利用助成、感染症対策を強化するための備品、消耗品の購入、市内小規模事業者事業継続支援として給付金の対象拡充、公園における感染症拡大予防のための啓発看板整備、市内農家の事業継続のため医療従事者等関係者へ贈る市内産花等購入、ICTの活用による学習環境の整備(タブレット購入等)、学校給食中止に伴う保護者負担に対し助成など市政全般にわたります。

 このコロナ禍、もっと欲しい!、もっとやって!という声も聴きます。しかし、昨年の台風の対応も終わっていません。限られた財源を有効に活用し、目立つパフォーマンスではなく大所高所からの政策と思いやるのある緻密な政策を実現しましょう。
Yjimage_20200718131602

« (仮称)西部自然公園を散策 | トップページ | 「認定NPO法人申請の段取りと準備」Zoom研修受ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (仮称)西部自然公園を散策 | トップページ | 「認定NPO法人申請の段取りと準備」Zoom研修受ける »