« 「認定NPO法人申請の段取りと準備」Zoom研修受ける | トップページ | コロナ禍での人権相談 »

2020年7月30日 (木)

新型コロナウィルス感染症対応情報の提供が偏重

0722_20200730140901
令和2年7月29日現在、佐倉市民の皆様から不安の声をいただいております。
佐倉老幼の館、市民体育館利用者からも陽性者が出てしまい、濃厚接触者を考えると陽性者が増える可能性があります。
佐倉市は7/22からの7日間で16名と多発しています。16名中、20・30歳代3名、40・50歳代4名、60・70歳代5名、80歳以上4名です。そのうち推定感染経路が不明は6名、他は濃厚接触者が把握できています。
新型コロナウィルス感染症は、感染症法により指定感染症となっており、法令により保健所が中心となって情報収集しなければなりません。もちろん佐倉市も連携して行っています。
多くの情報は、厚生労働省や千葉県のホームページなどに掲載されていますが、TVワイドショーなどでは、新規陽性者数の情報提供やPCR検査数に偏重している感があり、その他市民の皆様が知りたい情報、安心できる情報が足りないように思えます。大切なのは、自分の地域だけでなく周辺地域も含めた都道府県、国、世界の状況をバランスよく情報を得て総合的に冷静に判断することです。
0722
千葉県ホームページ情報では、
①重症者用の病院(感染症指定医療機関:成田赤十字病院など)は、千葉県内で確保病床82床、最大想定300床のところ、現在は重症者4名なので一応確保できているといえます。

②軽症・無症状の方用宿泊療養施設(成田ゲートウエイホテルなど)は、736室確保のところ、現在46名です。
今後無症状の方が増えた場合、施設確保の必要がありますが、今のところバランスはとれていると思います。

③PCR検査検査ですが、身近なクリニック診療所で医師に必要と判断されれば、保健所と連携して法令により公費負担できます。しかし、発熱外来でクリニック診療所内での濃厚接触の可能性もあることから対応に苦慮しているところです。
不安だからという理由で自費で検査することは、検査時の濃厚接触リスクを考えなければならないため推奨していません。
また、検査で陰性でもその後に感染する虞を考えると、毎日のように検査しなければ安心できません。

私見ですが、ウィルスDNAが変異しているとの情報もあり、重症者が激増している状況でないことから、マスク、手洗い、三密対策をしっかりして、健康維持に努め自己免疫によりウィルス撃退することにエネルギーを注いだ方が賢明であると思います。マスメディアはここを伝えてほしいのですが...

« 「認定NPO法人申請の段取りと準備」Zoom研修受ける | トップページ | コロナ禍での人権相談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「認定NPO法人申請の段取りと準備」Zoom研修受ける | トップページ | コロナ禍での人権相談 »