« 新型コロナウィルス感染症対応情報の提供が偏重 | トップページ | コロナ禍、誹謗中傷はやめて!冷静に! »

2020年8月 1日 (土)

コロナ禍での人権相談

Photo_20200801000701
人権相談の当番で千葉地方法務局佐倉支局に常駐しました。
人権擁護委員の役割には①人権啓発②人権相談③人権侵害の被害者救済などがあります。
佐倉支局では、原則水曜日と金曜日の週2回、人権相談を受けています。
人権とは「人間が人間らしく生きていく権利ですべての人が生まれながらにして持っている権利」です。
現実の社会では、いじめ、暴行、虐待、差別、プライバシー侵害、ハラスメント、ネット上の誹謗中傷など、時代の変化に伴うたくさんの人権問題が発生しています。
人権侵害を見逃さないという気概と相談者の心に寄り添う相談に心がけています。

今回はコロナに絡む人権相談はなかったのですが、もしPCR検査で陽性になってしまったらどのような人権問題があるのか考察してみました。
新型コロナウィルス感染症は指定感染症となっているため、感染者は、法令により入院措置や軽症者宿泊施設入所措置となり自由が制限されます。また、場合によっては、濃厚接触の可能性のある家族、職場や友人などにPCR検査などの要請がなされます。このようなとき、陽性者への差別、誹謗中傷など考えられます。家族や関係者、勤務先も大変混乱することでしょう。

生活不安や精神的なストレスなどが蓄積されています。感染した方やその治療にあたっている医療関係者及びその家族、外国の人等に対し、不当な差別や偏見、いじめ、インターネット・SNS上における誹謗中傷等、様々な場面で心ない言動が見受けられました。また、都道府県をまたいだ人の移動の自粛要請の期間に県外ナンバーへの過度な「差別や偏見、いやがらせ、いじめ」への苦情が寄せられました。

ルールを守ることは重要ですが、皆がいわゆる自粛警察なってしまうと、人権侵害事案に発展する虞もあります。
要は、落ち着いて考え、冷静な対応を心がけてる必要があり、相手を思いやりのある行動が必要であると思います。
みんなが危機なのですから、助け合って生活しましょう。

« 新型コロナウィルス感染症対応情報の提供が偏重 | トップページ | コロナ禍、誹謗中傷はやめて!冷静に! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウィルス感染症対応情報の提供が偏重 | トップページ | コロナ禍、誹謗中傷はやめて!冷静に! »